港南造形高校は日本最大規模の美術専門高校です

実技検査について


※下記の内容は平成27年度(2015年度)の実技検査内容に基づきます

実技検査 美術(1) 「基礎的な描写力」

準備するもの

H~4Bの鉛筆5~6本、消しゴム
※必要なものは、すべて準備し、忘れないようにしてください。
※検査時間は40分です。

鉛筆デッサン課題の要点

test1

  • 与えられたもの(モチーフ)は、実物より少し大きく描きます。
    モチーフが大きいものの場合は、実物大に描きます。
  • 枠(画面)の中央に描きます。端によってしまったり、はみ出してはいけません。
  • 明暗を表現し、ものの質感も表現します。
  • 机にできる影は、描いても、描かなくてもかまいません。

実技検査 美術(2) 「総合的な表現力」

準備するもの

H~4Bの鉛筆5~6本、消しゴム、絵の具(水彩絵の具、ポスターカラー、アクリル絵の具のうちいずれかで、12色以上のセット)、パレット、筆洗器、筆5~6本、ふきん、直定規(30cm)
※必要なものは、すべて準備し、忘れないようにしてください。
※検査時間は60分です。

色彩表現課題の要点

test2

  • 示された言葉から、イメージ、想像したものを色彩によって表現します。
  • イメージしたものを具体的な形を用いて表現してもかまいませんし、デザイン的に表現してもかまいません。枠内の全面に描いてください。
  • 鉛筆で下書きをします。
  • 色彩を多く使う方が望ましいといえます。ただし、表現の方法により、色数が少なくても良い場合もあります。

PAGETOP
Copyright © 大阪府立港南造形高等学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.